algaeの魚介類記

大型・小型・汽水・爬虫両生類、いろいろそろってます                            今話題のドクターフィッシュ、肺魚アンフィとパラドクサもいます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 珍しくミズアシナシイモリの写真が取れたので載せます。

20060831215009.jpg

 先っちょの方の白っぽい点が眼です。
いつもは潜ってるか動きまくってるので撮れなかったんですが、今回珍しく顔を出して寝ていたのでそこを激写!
脱皮したてなのでツルツルピカピカ!

ついでにカメも。
ちょっとだけ成長したのか、いままでは入れていたシェルターに入りにくくなってきたみたいです。
画像は出れなくなって困ってる所です。
20060831220323.jpg


もう1つついでに報告。
45cm中型魚&幼魚水槽の掃除をした時、フィルターを止めてしばらくすると・・・
20060831220602.jpg

なんとブラインシュリンプ状の微生物がライトの光に集まって来ました!!
初めはゴミかと思ったんですが、掬ってよく見るとやっぱりピコピコと動いてます。こんなのが発生するって事は水質悪化?水換えもしといたので、これでもまだ発生するようなら濾過が効いてないのかもしれません。。

 あと、この謎の微生物をスポイトで取ってグッピー稚魚にあげてみると、パクパクと美味しそうに食ってました。 ブラインの半分以下の大きさなので、ブラインも食べられないような稚魚の育成に良いかもしれません。栄養有るかどうかわかりませんが(笑。
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/31(木) 22:14:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

先月、遠くのショップに行った時、「南米ウナギ」というのが売ってまして、今回はその「南米ウナギ」についてです。

 日淡をやっていた時からウナギは飼っており、熱帯魚を始めても、ウナギ、スピニーイール、タウナギと、常に水槽に居なくてはならない存在でした。
 「南米ウナギ」なんてのは聞いたことがありませんし、砂に潜ってるらしく姿も見えませんでしたが、ウナギ系好きの私にとっては、なんとしても買って育てて、正体を確かめなくてはいけませんでした。(という訳で、フレッシュウォーターバンブルビーを諦め購入)

これがその「南米ウナギ」です。(ホースから半分出てる長いヤツです)



・・・・どう見ても完全に普通のウナギです。
 理由は書きませんが、私はウナギにはそれなりに詳しいのです。なので間違いなく断言できます。そのへんで蒲焼になってるのと同じ普通のウナギです(笑。
 なんだかんだ言って普通のウナギが一番好きなので文句は言いませんが、(値段も650円と普通のウナギ価格)南米の未知のウナギだと思いワクワクしてたのでちょっとショックです。。

----ここから飼育編--------------

 飼育の面では、気を付けなくてはいけないのは飛び出し。
水質や水温は特に気にしなくても(もちろん普通の魚が元気に過ごせる範囲で、です)飼えますが、飛び出し能力は私が今まで飼った事のある魚の中で間違いなくNO,1です。逆に言うと、ウナギが飛び出せない環境なら、ハチェットだろうがアロワナだろうが飛び出さないかと思います。(パワーの差は別として)
餌もなんでも食べ(デカイ餌はグルグル回転して千切って食べます。指も(笑。)見た目より頭も良く、かなり慣れます。飼おうかどうか迷ってる方は是非!




p,s 先週また行ってみると、文句言われたのか、【ウナギ・750円】に直ってました。や~いや~い。
  1. 2006/08/29(火) 21:59:31|
  2. 特殊魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

・・・

 このブログ、「algaeの魚介類記」という名前なのですが、この、「algae」というのは、藻、苔みたいな意味で、[アルジー]と読みます。
[アルジー]というと、ビビッとくる方も多いでしょう。(多くは無いか?)そうです。アルジーイーターです。

 アルジーイーターは、名前の通り藻を食べる魚という意味なんです。
コケだらけで分からなかった方も多いとは思いますが、プロフィールの画像はこのアルジーイーターです。
20060425213001.jpg

↑コレがそうです。

名前にも使ってるので、ここでアルジーイーターについて詳しく書こうと思い、撮影の為にプラケースにとって90cm大型魚水槽の上に置き、準備をしてしていると・・・・・ ピチャッという音が。
慌てて見て見るとプラケースの中身はカラッポに。 どうやら飛び出して90cm水槽に落ちたよう。 慌てて救出・・・のはずなんですが、90cm水槽に住んでいるのは、15cm以下の魚は丸呑みのアイスポットシクリッドやガー、ポリプテルス。  細長い10cm足らずのアルジーイーターはアイスポットに一飲みに・・・・・・・

という訳でアルジーを失ってしまいました・・
日淡から飼い始めて7、8年。水質や病気で落とすことはなくなりましたが、飛び出しや今回のような食べられてしまうという事故は増えた気がします。やっぱり初心に帰るというか、気をつけなければいけませんね。大型魚の居る家庭は気をつけてください。(?)


居ない魚をプロフィール画像にするのもおかしい気がするので、画像もかえました。今度はファハカです。
20060425210312.jpg

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/27(日) 22:58:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

謎のナマズ

 先日、霞ヶ浦に釣りに行って参りました。
釣り方は普通のエサ釣り。小物でも大物でも何でもいいから来い!!
っていう気持ちだったので針は一応小さめで。
エサはミミズ(キジ)。これさえあれば、川の魚は大体釣れると思ってます(笑。

釣り開始から10分ほどで、ホンモロコとかその類の小魚達が釣れはじめました。ところがこれは、以外に釣るのが難しい。 ってただ針がデカイだけなんですが・・・ 

ポイントを変え、いかにもな桟橋を発見。早速投入すると・・・
20060824214813.jpg
デカッ!!
そうコイツが居るのを忘れていた。ブラックバスです。計ってはいませんが30cm強ってとこでしょうか。
小魚をエサにして、スズキ用のデカイ針で釣ったことはあったんですが、小物狙いのちっこい針でやり取りするこのスリル!こいつぁ楽しい!!!
よ~しもう1匹・・・と、意気込んで投入。
しばらくしてまた強烈なアタリが!そしてそこいらのどじょっ子フナっ子とは違う強烈な引き!!いやこんな楽しいとはビックリ!ワクワクしながら釣り上げてみると・・・・・・
























20060824215645.jpg
なんじゃこりゃぁぁぁぁーー!?
一瞬水中に見えた金色っぽい魚体はブラックバスのそれに似てたのですが、上げてみるとなんとナマズ。
が、ヒゲは太いし黄色っぽいし口は小さいし目はアレだし、ど~もナマズじゃないようで。
しかも背ビレに5cm程の棘が有り、(というか棘に背ビレ付きといった感じ)刺さると結構ヤバそう。。
しかも57cmと馬鹿でかかったんで、飼育用に小さいのが釣れることを祈りながらリリース。(ホントは何よりもブラックバスが飼いたいのですが・・・)
しかしその後釣れるのも40cm以上のサイズばかり。ほかにはブルーギルやバスなどの飼育禁止魚のオンパレード・・・  この謎のナマズの正体を突き止めたかったのと、時間も来ていたので、ここで釣行終了とすることにしました。

 帰って調べてみると、あのナマズは外来種で、アメリカナマズとか、チャンネルキャットフィッシュとか呼ばれているらしく、ブラックバスと同じく、特定外来生物に指定されていて、飼育は禁止なんだとか。 飼育すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金だったとか。 いや~持ち帰らなくて良かった良かった(笑。

[謎のナマズ]の続きを読む
  1. 2006/08/24(木) 22:46:00|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

ミシシッピー2

最近慣れてきたミシシッピーです。


水槽を覗き込むとこちらを見てくるので、見てる時にエサを投入。
 という作戦を続けて約10日、やっとコッチに寄って来てくれるようになりました!
しかしまだまだ臆病で、カメラがちょっと動くとビクッと引っ込みます。 でもエサ欲しさにすぐ出てくる・・・う~ん。かわいい(笑。



ちなみに手で持つと・・・
20060824224733.jpg

口を開けて威嚇。
クサガメはこんなことしたことないので、コレにはビックリ。カミツキガメを思い出しました。
  1. 2006/08/24(木) 21:29:47|
  2. カメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

回復!

それは1ヶ月程前・・
隔離ケースから飛び出してきた、自分の半分以下のベタにボッコボコにされたレインボースネークヘッドですが、その後順調に回復し、今ではほぼ完治しました。
20060821220057.jpg

それと関係あるのか無いのか、どこがレインボーだかわからない、茶色い色に・・・
まあ、私の気に入っていた顎の下の青白さは残っているので良しとしましょう。


20060821220342.jpg

ミシシッピーは元気ですが、藍藻の生い茂る水槽に入れたせいで、甲羅に乗り移られてしまいました・・・ カメ自身には問題ないそうなんですが、光が当たらないのはなんかマズそうなので、撮影後ペリペリとはがしときました。 次回は動画をUPする予定。 今日はどうもパソコンの調子が悪そうなのでこれくらいにしときます。。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/21(月) 22:13:27|
  2. アナバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ツクツクボーシ、ツクツクボーシ

今回特にネタはないのですが、家の中にセミが入ってきたのでセミの事を。
 写真が結構リアルに撮れちゃったので(笑、セミが苦手な方は見ないほうが良いかと。
              [ツクツクボーシ、ツクツクボーシ]の続きを読む
  1. 2006/08/18(金) 22:37:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オス?メス?

ブログでも紹介せずに、コソコソと飼っていたシクリッドがいます。
ペルマトです。(本名ペルヴィカクロミス・プルケール。舌噛みます)です。
 稚魚を譲って貰って、(1,5cmぐらい)今まで育ててきていたのですが、やっといい色が出てきたので、遂にブログデビュー!ということです。
10匹貰ってきて、6匹はすぐ原因不明で☆になり、残りの4匹は元気元気で現在4cm程。最近になってペアが出来たようで、いつも一緒で、他の魚を追い払う2匹が。すでにメスと思われる個体の腹はピンクになり膨らんでいて、オスと一緒に同じシェルターに出入り。そろそろ繁殖か!?

しかし問題が1つ。2cmぐらいのころから区別はついていたのですが、この4匹は全員オスなのです。判別の仕方はこうです。
20060815232300.jpg

これは別のオス個体ですが、
・オスはヒレの①の部分が、写真のようにとがっている。メスは丸い。
・オスはヒレの②の部分が、写真のようにとがっている。メスは丸い。
・オスは尾びれの先が伸びる。メスは伸びない。(コレは大きくならないと分りにくい)
 これが私の判別基準なんです。5年程前にペルマトを飼って繁殖させたときも、この判別は当たってました。

が、今回ペアでメスになりきってる方は、①はオスっぽくて、②は完全にメスなのです。しかもお腹も膨らんでいます。
 そういえば、『ザ・大型熱帯魚』のP156に、「雌の雄化」というものが書かれていました。シクリッドを飼っていると、極稀に、体型、行動共にどう見ても雄なのに、いざ産卵となると、2匹とも卵を産んだり、その逆もあるそうです。 どうも成長ホルモンに原因があるそうで、その個体は巨大化するとかしないとか。

巨大化はいいんですが、どっちかハッキリしないと、本物のメスをあてがってやる訳にもいきません。まあ何ヶ月か様子をみて、もしオス×オスだったら、メスを探さなくちあゃいけませんし、オス×メスだったら、普通に繁殖するでしょう。 それでは、こちらの心配をよそに、オスと一緒に楽しそうに泳ぐ姿をご覧下さい。



それと、コリドラスがあんまり卵産まないので、(オスだけの可能性アリ。)新たに5匹追加しました。徹底抗戦の構えです。
PA0_0019.jpg

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/16(水) 00:03:23|
  2. 小型魚
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

カメ2

ミシシッピを紹介したついでに言うと、実はもう1匹カメがいます。
まあ普通のクサガメなんですが、私はあまり品種とかグレードとかにこだわらないので、見た目と飼育難易度で選んでます。

捕まえると暴れるわ暴れるわ・・・・
20060814230932.jpg


魚でもなんでも、小さいうちから飼った方が、愛着も沸くし慣れると思ってるので、このクサガメも500円玉サイズから育ててます。

 飼育1年目の冬、仔ガメは冬眠させない方が良いということなので、90cm水槽で大型魚達と一緒にぬくぬく育ちました。
 飼育2年目の冬、去年と同じで90cmに入れると、ブラックバスが猛講義!咥えて振り回す有様だったので、ヒーターを買って衣料ケース飼育。そのまま今に至ります。
手で持つと暴れますが、持った状態でも餌を食べてくれる良亀です。(普通そうなのかな?)

あんまり暴れるんでいい写真が無かったんですが、今回奇跡的に撮れたので1枚。
20060814232045.jpg
あまり大きくならないので、おそらくオスです。

そして仲間入りしたミシシッピー君とのツーショット。
20060814232233.jpg

クサガメ 147g・ミシシッピ 5g  でした。

ホントはもうちょっと長かったのですが、記事を書いててどっかを間違えて押したせいで2回も消えたので、今回はもうやめます。クサガメの爪が痛かった・・・・涙
  1. 2006/08/15(火) 00:25:01|
  2. カメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

 前々から目をつけていたカメ、ミシシッピニオイガメ。
ショップでも大きめなのはたくさん居たんですが、どうせ買うなら小さい方がいいと思い、1年近く我慢(というか忘れてた)してました。

最近になって、通販で小さめのがあったので、思いきって注文してみました。(なんか通販心配なもので・・)

そして先日、ついに念願のミシシッピベビーが到着しました。恐る恐る開けてみると・・・・・・

20060811200303.jpg

ダンボールのなかに新聞紙が詰められ、その中にこんな容器が。
中にはミズゴケが。しかし肝心のカメが居ません。。
まさかダンボール内で脱走したのかと探し回りましたが居ません。念のためミズゴケの中も探すと・・・・

20060811200704.jpg

発見!!
こんなに小さいとは!ペットボトルのフタにピッタリ入る大きさです。
500円玉と比べるとこのくらい。
20060811200919.jpg

あんまり小さく、セネガルスに噛み付かれそうなので、当初予定していた中型魚との混泳はやめて、ポチャッと小型魚水槽に入れときました。

20060811201406.jpg

ちゃんと人工飼料にも餌付いていて安心。流木に乗る姿もなんかさまになってます。
たま~にグラミーに付きまとわれてますがまぁ大丈夫でしょう(笑。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/11(金) 20:19:26|
  2. カメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

 今回はオスカーです。
オスカーというと、ココで言っている通り、以前、セネガルス×2、ブラックバス、パロットファイア(ファイヤ?)などと共に☆になってしまって以来飼ってないのですが、最近、プラチナやらロングフィンやらブルーやら、新しい品種が出てきたので、気になってはいました。
 しかしプラチナ以外にはあまり魅力を感じず、そのプラチナも、成長と共にアルビノのような赤が出てきたりと、完全なプラチナは少ないらしく、購入まではいきませんでした。

 しかし、あるショップでロングフィンオスカーの30cmほどの個体を発見。いままで見てきたロングフィンはmノーマルと同じ形のヒレがのぺ~っと伸びた感じだったんですが、その個体は違いました。なんというかヒラヒラしたゴージャスな感じで、ヒレの縁は白く縁取られ、1発で気に入りました。

 でも、「どうせなら幼魚から育てたい!」というのがあったため、幼魚を探し回り、やっと見つけたというこだわりの1尾です。 いっつもコッチ見て横から撮れないので、上からムービーで。



オスカーて、上を見るとき体を傾けてコッチを見るんです。
毎日2、3回、鏡を見せて威嚇させてます。ベタでいうフレアリングみたいな感じで、ヒレが少しでも成長してくれたらな~ と思ってます(笑。


                     []の続きを読む

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2006/08/06(日) 20:01:53|
  2. 大型魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

algae

Author:algae
大型魚・小型魚・汽水魚・爬虫両生類、色々飼ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

特攻野郎Aチーム

海外ドラマ、特攻野郎Aチームを応援してるサイトです。06.7/19からテレビ東京で再放送します。みなさん見ましょう。私も見ます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。