algaeの魚介類記

大型・小型・汽水・爬虫両生類、いろいろそろってます                            今話題のドクターフィッシュ、肺魚アンフィとパラドクサもいます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カニの標本を作りたい

 海に遊びに行って、カニを捕まえた事のある人は多いのではないでしょうか?

大体の人はその場で逃がすと思いますが、お子様連れや一部の物好きな方は飼ってみようと家に持ち帰ったり、カニなんだから食べてみようじゃないかなんていう人もいると思います。…多分。
 持って帰ってそのまま食べてしまう人には無縁な話なのですが、カニってやつは他の生き物と一緒にすると大抵食べます。ヤドカリでも魚でも何でもです。そこで持って帰ったものの持て余してしまった人にピッタリ?な、カニの標本の作り方を紹介します。需要があるのかどうかは知りません。


完成品
完成品です。


------------------------------------------------------
それでは作り方です。

 ① まず、どこの家庭にもあるイソガニ・イワガニ等のカニを数匹用意し、ボウルなどの適当な容器に焼酎またはアルコール(今回は30%の物を使用。適当で大丈夫です)を注ぎ、そこにカニを漬け込みます。 この作業は無くてもいいのですが、やっておいた方が長持ちしそうですし、安心できます。

 ② 1~2日漬け込んだら取り出します。この時もちろんアルコールは水で洗わずに布などで拭き取ります。
この後乾かすのですが、カニによっては乾いたことで関節が動かなくなってしまうので、乾かす前に好きなポーズを固定しておきます。このとき、発泡スチロールのトレーの上で乾燥させれば、カニの足先をプスッと刺して固定することができ便利です。

 ③ 1週間程、日に直接当たらない所で乾燥させます。
乾燥させ終わったら、触覚や足など取れてしまった所をボンドで補正します。
------------------------------------------------------

これで完成です。出来上がったものは出来るだけ湿気の少ない所に置くようにしましょう。お風呂場なんかはだめです。一緒にお風呂に入るのもだめです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここから先はこだわりたい方へです。

乾燥させたせいで、カニの表面がカラカラになってしまっています。カニといえば水辺の生き物なので、乾燥してるとリアル感が無くなります。 そこでオススメなのが、ホームセンター等で購入できるラッカースプレーです。
これでツヤツヤに!
コレの為だけに購入。

このスプレーを使えば、ニスを塗ったようにツヤツヤになります。
海辺のカニをリアルに再現しましょう。
ツヤツヤ!
ツヤツヤに!

もっとこだわる方は、海岸で拾ってきた岩などの上に配置すればなかなか良い雰囲気が出ます。
今回良い感じの岩もなかったので、発泡スチロールの土台に余っていた水槽用の大磯砂をくっつけ、100均で買ってきた人口植物をレイアウト。完成品はコレです↓

完成品
その1

完成品2
その2

もちろんオホーツク産高級毛ガニやタラバガニでも作れます。私は食べますが。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/27(火) 20:08:30|
  2. エサ・グッズその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<フェザーフィン シノドンティス | ホーム | 釣りin岩手>>

コメント

??

こんにちは☆三毛猫です(^-^)

カッコイイです~~!でももちろん死んでから標本にするんですよね?それとも焼酎につけたときに死ぬんでしょうか。もしそうだったら可愛そうに思います・・

毛がにやタラバガニは食べないともったいないと思うのですが、食べる時はばらばらにするので標本にはできませんね・・。う~ん・・悩みます☆
  1. 2007/03/28(水) 11:02:36 |
  2. URL |
  3. 三毛猫 #-
  4. [ 編集]

こんにちは^^

すごいですね。^^
活きてるみたいです。こういうのもジオラマっていうのかなー。
  1. 2007/03/30(金) 17:49:13 |
  2. URL |
  3. tkatsu #uaIRrcRw
  4. [ 編集]

三毛猫 さん
これはですね、生きていても死んでいてもできるんですが… さすがに生きたままアルコールに放り込むのは抵抗がありますよね。 すでにお亡くなりになって固まってしまったものでも、漬けておけば柔らかくなるので大丈夫なのです。

tkatsu さん
 はじめまして!コメントありがとうございます。
標本本体より周りのセット?のほうが手も時間も掛かりまして・・ 作った人間としてはジオラマと呼びたいです。
  1. 2007/04/01(日) 11:28:50 |
  2. URL |
  3. algae #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして!
とてもきれいなカニの標本ですね。すばらしいです。
私も甲殻類の標本を作ってはいるのですが、あまりうまくできていません。どうしても乾燥後に色が抜けてしまうのです…。algaeさんはツヤだしにラッカーをかけていますが、ラッカー塗布は変色を防ぐ効果はあるのでしょうか?ご存知でしたらお答えいただけるとうれしいです。
  1. 2007/05/14(月) 03:19:28 |
  2. URL |
  3. TWO-P #-
  4. [ 編集]

TWO-Pさん

コメントありがとうございます!
甲殻類の標本というと、やはりカニやエビなどでしょうか?
今回はイワガニやショウジンガニで作りまして、生前の色がきれいに残されているのですが、以前クリガニやシャコで作った時は私も同じように色が抜けてしまいました。
 私の考えでは、乾燥後色が抜けるかどうかは甲殻の厚さなどで決まる気がします。甲殻が薄いエビなどはどうも色が抜けやすいです。

プロの方は乾燥後着色をして生前の色に近づけるそうです。私は着色系は下手なのでまったくできませんが、あまり気になるようでしたら、やはり着色をするしかないのではないでしょうか? いい作品ができたら、ぜひご報告ください!!

・・・ちなみに、現在パソコンの不調により一部のサイトが見れなくなっており、TWO-Pさんのサイトにも訪問することができません。せっかくコメント頂いたのに失礼なのですが、パソコンが直ったらお邪魔させてもらいます。
  1. 2007/07/01(日) 14:06:55 |
  2. URL |
  3. algae #-
  4. [ 編集]

algaeさん、

ご返答ありがとうございます。
現在ザリガニをメインにチャレンジしていますが、algaeさんのおっしゃる通り若くて殻が薄い個体ほど色が抜けてしまいます。
今のところ人様にお見せできるようなものはできていません…。

お邪魔しました!
  1. 2007/07/02(月) 04:15:50 |
  2. URL |
  3. TWO-P #-
  4. [ 編集]

カ ブ ト ガ ニ

こんにちは、たくトラといいます!!

実は今アメリカに滞在中で、近所の海にカブトガニがうようよいるんです!!!日本じゃ見る機会なんてないだろうから、ぜひ一匹捕まえて標本にしようと目論んでいるのですが。。。

作り方はこのカニの標本と同じでいいんですかね??日本に持って帰って壁にでも飾るのがささやかな夢です(笑
  1. 2008/05/27(火) 01:10:09 |
  2. URL |
  3. たくトラ #3PZNvB/w
  4. [ 編集]

たくトラ  さん

近所の海にうじゃうじゃなんて羨ましいです!アメリカカブトガニでしょうか?

 そして標本の作り方ですが、基本は上記の方法と同じでOKかと思います。 しかし、対象があんまり大きいまたは肉厚な場合は、一度目立たない所で切り開き、中身(内臓など)を取り出したほうがいいかもしれません。
なにぶん私もカブトガニはバラした事がないため、体の構造などもよく分からないもので…こんなアドバイスですみません。。
  1. 2008/05/28(水) 21:25:48 |
  2. URL |
  3. algae #-
  4. [ 編集]

algaeさん

ええ、アメリカカブトガニで間違えないでしょうね。
ただこの前同じスポットに行ったら実はそこ私有地だったらしく、オーナーに注意されてしまいました(汗
日が悪かったのか個体も一匹も見当たらず、ちょっと残念な結果に終わってしまいましたが…ただラッキーなことにちょうど手ごろな感じの死体が砂浜に放置されていて、そのまま家に持って帰ってきてしまいました(笑

保存状態は良いのですが、発見したときすでに乾いており、それももう2日前の出来事なので…アルコール云々というのはまだ遅くはないでしょうか??臭いが中々に手ごわいのでその緩和の意味も込めてアルコールに漬けようと思うのですが。

ちなみに『中身を取り出してまたくっつける』なんて上級テクニックは初心者の自分にはとても無理ですね(笑)この前も他のサイトの方がそれをやっているの見て、完成度の高さに愕然としました。まあ相手はカブトガニですし、裏面の保存状態はそこまで素晴らしいわけでもないので、もういっそのこと足は全部引っぺがしてしまおうかと思います。海岸に行けばまた死体見つかりそうな気もしますしね(笑

あとアルコールについてなんですが、algaeさんは何を使いまいたか?さすがにアメリカでカブトガニのために高い焼酎を買うのは気が引けますし、普段自分はお酒なんてぜんぜん飲まないので、正直何を買えばいいのかまったくわかりませんです。なによりご存知の通りあの大きさなので、安くて大量にアルコールが買える方法は無いものかと…こういうのって、消毒用のアルコールの方が飲酒用のものより高かったりするんですかね??

長文すみません、アルコールに関しては明日生物の先生にも聞いてみますね。
  1. 2008/05/29(木) 08:16:46 |
  2. URL |
  3. たくトラ #cwHBdaMk
  4. [ 編集]

たくトラ さん

返答遅くなりましてすみません;
既に死んでいた個体を使う場合も殺菌を兼ねてのアルコールは有効だと思います。ただ、中身が腐ったりしていて防腐処理がしきれない場合がありますので、もしかすると乾燥後に腐った部分が変色したり、脆くなったりするかもしれません・・・

 アルコールについては、私は500mlで3~400円の消毒・洗浄用のものを使っています。飲料用よりは全般的に安めだと思います。・・・が、アメリカカブトガニの図体を全部漬けられる量というと結構な値段になるかもしれません。。 頑張って下さい!!
  1. 2008/06/01(日) 21:08:42 |
  2. URL |
  3. algae #-
  4. [ 編集]

はじめまして

台湾在住者です。
この前、高雄の砂浜へ遊びにいったときに珍しい蟹を拾ったので、参考にさせて頂きました。
上手く出来上がったのですが、当然のごとく変色は免れられませんでした。笑
こちらの蟹さんたちは本当に良い色艶ですね。
  1. 2008/11/22(土) 11:14:25 |
  2. URL |
  3. Juliet-Alpha #-
  4. [ 編集]

 >Juliet-Alpha さん

返信大変遅くなりましてすみません;
 カニ、拝見させてもらいました。 なにやら日本のとはだいぶ雰囲気の違った種類ですね。
爪周辺のトゲがスタイリッシュでカッコイイです。なんだか取って付けたような甲羅のトゲが、ワタリガニとマンジュウガ二の中間を思わせる感じのカニですね。
  1. 2009/01/04(日) 21:21:42 |
  2. URL |
  3. algae #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/06/08(金) 21:08:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/01/22(水) 20:15:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://algae.blog64.fc2.com/tb.php/82-990d571f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

algae

Author:algae
大型魚・小型魚・汽水魚・爬虫両生類、色々飼ってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

特攻野郎Aチーム

海外ドラマ、特攻野郎Aチームを応援してるサイトです。06.7/19からテレビ東京で再放送します。みなさん見ましょう。私も見ます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。